電気自動車とは電気で走る自動車のことです。従来のガソリンエンジンを燃焼させて走る自動車に比べると、CO2やNOxなどの排気ガスを排出しないので、エコカーとして注目されています。ただ、蓄電池式電気自動車の場合、発電所で発電している電気を充電して走るわけですから、その発電所ではCO2が発生します。それでもガソリン自動車と比べると4分の1以下です。また、水素を燃料とする燃料電池自動車の場合は、充電する必要がなく、水素を燃やした後は水しか出ないので最もクリーンと言えます。

また、コストも大変安く抑えることができるのも電気自動車の大きな魅力です。深夜電力を利用すれば、1キロあたり1円程度の電気代ですみます。充電には時間がかかりますが、夜の自動車を使用しない時間にゆっくりと充電すれば良いでしょう。さらに騒音が非常に少ないというメリットもあります。モーター音はほとんど聞こえません。聞こえるのは、むしろロードノイズや風切音になるので、タイヤなども静粛性の高いタイヤにすると、さらに静かになって効果的です。

電気自動車はガソリン自動車と比べるとパワーがなくて、走りが楽しくないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。電気自動車はトルクが大きいので、ガソリン自動車以上の加速を味わうことができます。さらに電動機が駆動力と制動力の両方を生み出すので、電子制御によるトラクションコントロールやABSの性能が高まります。

このように、電気自動車は大変魅力的な自動車ですが、車両価格が同クラスのガソリン車と比べると高額というデメリットもあります。車両価格が高額だと、せっかく燃料代が安くて維持費を浮かせることができなくなっても、意味がなくなってしまいます。ただ、中古車になると、非常に価格が下がるのでおすすめです。また、一回の充電での走行距離が短いので、長距離を走ることができないという問題もあります。